クラブ案内

Blanccheri」、フランス語でblanc(白い)cheri(愛しい)から「白い恋人」をイメージし、「スノースポーツを愛する」仲間が、年齢・職種・地域をとわず集まっているクラブです。

昭和39年に「トキワスキー技術研究会」を発足し、昭和44年に「ブランシェリースキークローブ」となり現在に至っています。(「ブランシリー」と間違いそうですが「ブランシリー」です)

全日本スキー連盟の構成員としてスキー技術の向上を目指し、また『100歳まで滑ろう』をモットーに、基礎スキーから競技スキーやスノーボードなど雪での遊びにチャレンジしています。

行事として、技術アップを目指してのバッジテストをお正月菅平・3月戸隠スキースクールをメイン行事にして、そのほか年に10回程の合宿を行い、オフシーズンにはインラインによるトレーニングや、海に山にと数多くの行事が催されています。

近年ではクラブ員2世の参加も増え、スクールでは未就学児や小学生への講習もあります。

ブランシェリースキークローブ

創立:1964年(S39)1月

東京都スキー連盟加盟/同年11月6日:クラブNo.142

 (保証団体:日本アルペンスキークラブ クラブNo.18)

事務局

〒103-0021

東京都中央区日本橋本石町4-4-16

ブランシェリースキークローブ

クラブ員数60名
全日本スキー連盟登録26名
東京都スキー連盟登録 6名
公認スキー指導員8名
公認スキー準指導員12名
公認スキー検定員15名

(2009年11月現在)

■クラブの歩み

1964年トキワスキー技術研究会として発足
1969年クラブ名をブランシェリースキークローブに
1979年事務所を現在地に移転
会長:中村/理事長:橋本
1983年会長:中村/理事長:吉田
1987年会長:勝井/理事長:向田
1995年会長:勝井/理事長:長谷川
2001年会長:勝井/理事長:澤田
2011年会長:勝井/理事長:向田

■クラブ役員  

会長勝井
副会長高橋・澤田
理事長向田
副理事長久保、神戸、岸塚
会計久保(ひ)
競技部長岡田
代表委員佐藤
安全対策久保
事務担当引間、菊地

(2011年10月現在)